Fandom

Memory Alpha

USSアリーズ

3,007このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
USSアリーズ
No Image.jpg
クラス: ルネッサンス級
登録番号: NCC-45167
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
状態: 現役2379年現在)

 USSアリーズ(USS Aries NCC-45167)は惑星連邦宇宙艦隊が保有するルネッサンス級宇宙艦である。24世紀中盤から後半において就役中であった。

歴史 編集

 2365年、アリーズの艦長が退任したため、宇宙艦隊司令部は新任の艦長の候補としてUSSエンタープライズウィリアム・T・ライカー中佐を選んだ。丁度その頃、アリーズはベガ・オミクロン・セクターで知的生命体の反応を検知しており、これから本格的な調査が開始されようとしているところだった。
 エンタープライズのジャン=リュック・ピカード艦長はライカー中佐に対して「軍事的な能力ではなく、君の外交官及び探検家としての技術を見込んでの打診だ。」とアドバイスをした。
 また、ピカードはアリーズの副長であるフラハティ中佐は40以上の言語を操る能力があり、ベガ・オミクロンでの任務に最適だと述べた。
 ライカーはピカードにアリーズでの任務について意見を求めた際に、ピカードは「エンタープライズに比べて性能の劣る艦で銀河の果てに出ることになるが、その艦は間違いなく君の艦だ。」と述べた。
 しかし、結局ライカーは艦長就任の話を断りエンタープライズに残る決断を下した。「私はもっとここで大きくなりたい。そのために自分がいるべきところはここだ。」とその理由を話した。(TNG: イカルス伝説

 後に、ライカーは彼の転送複製であるトーマスになぜ昇進の話を断ったのと聞かれ、トーマスは彼のその決断を理解できないと評し、「今回だけは父親の言うことに同意する。」と述べた。(TNG: もう一人のウィリアム・ライカー

Tachyon detection network activated.jpg

アレースを含むピカード艦隊の陣形図。

 2367年、アリーズはセクター21602でディープ・スペース・ミッションについていた。(TNG: 永遠の絆

 かつてUSSヴィクトリーのクルーであったエミリタ・メンデス2360年代にはアリーズで任務に着いていた。タチアナン3号星の特殊なウィルスに犯された彼女は、アリーズからシャトルポッドクストーを盗み出し、タチアナンに戻った。(TNG: アイデンティティー・クライシス

 2368年の初め、クリンゴン内戦に際してクリンゴン・ロミュラン国境タキオン探知グリッドで封鎖するためにジャン=リュック・ピカード大佐によって臨時編成された機動部隊であるピカード艦隊に編入された。(TNG: クリンゴン帝国の危機・後編

 2370年、アリーズはリリパット9号星からディープ・スペース・9を訪れた。(DS9: オブライエンの孤立

Battle group Omega.jpg

アリーズが含まれる宇宙艦隊戦闘グループ・オメガの配備図。

 2379年、アリーズは宇宙艦隊戦闘グループ・オメガに加わり、ロミュランの領域から脱出するUSSエンタープライズEと合流し、レムスのウォーバード・シミターを迎え撃つ予定であった。(スタートレック:ネメシス

付録 編集

背景 編集

 『Star Trek Encyclopedia』によると、艦名の由来は星座おひつじ座(ラテン語でAries(アリエス)、「アリーズ」は英語風の読み)と、映画『2001年宇宙の旅』に登場するヘイウッド・R・フロイド博士を月へと運んだパンナムの月着陸船エアリーズ号(アリエス1B型月シャトル)である。

 クラスレジストリ・ナンバーTNGシーズン4から見られる観察ラウンジで表示されるオクダグラムによる。具体的には宇宙艦ミッション・ステータスに表記されている。また、レジストリ・ナンバーについては『クリンゴン帝国の危機・後編』でのオクダグラムや『アイデンティティー・クライシス』でのシャトルポッド・クストーの船体に書かれた番号からも裏付けられる。『スタートレック:ネメシス』ではレジストリ・ナンバーは正しいものの艦名の綴りが誤って"USS Aires"となっていたり、『イカルス伝説』では脚本[1]の混乱を引き起こしクローズドキャプションがAriesからAresとなってしまっている。

In scene cut from Chain of Command, Part II, where the Cardassians threatened to invade Minos Korva, the Aries, USSSutherland, and USSBerlin were dispatched to the sector to assist the Enterprise-D. However, because the ships were three days away, the Enterprise was forced to find an alternative means of preventing the invasion. [2]

非正史 編集

The Star Fleet Technical Manual by Franz Joseph listed a Hermes級 Aries with the registry of NCC-602. Many years after the publication of this technical manual, Mike Okuda assigned this registry to the USSOberth in a starship status display for the movie スタートレック6:未知の世界.

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki