ウィキア

Memory Alpha

運命の分かれ道(エピソード)

TNG:運命の分かれ道から転送)

2,705 件の記事が
このウィキにあります
トーク0
現実世界
制作視点での記事

運命の分かれ道 
"Tapestry"

TNG シーズン 6
制作順No.40276-241
本国初放映1993年2月15日、第140話
Picard, lieutenant junior grade
脚本ロナルド・D・ムーア
監督レス・ランドウ
西暦 2369年2327年

 死に瀕したピカードはQから人生をやり直す機会を与えられる。

背景編集

連続性編集

トリビア編集

 このエピソードには、(パイロット版である『未知への飛翔』と、最終回の『永遠への旅』を除く)Qが登場するエピソード中で唯一、原題に「Q」の文字が入っていないという特徴がある。

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


前エピソード
ロミュラン帝国亡命作戦
新スタートレック
シーズン 6
次エピソード
バースライト・前編

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア