ウィキア

Memory Alpha

空白の一日(エピソード)

TNG:空白の一日から転送)

2,677 件の記事が
このウィキにあります
トーク0
現実世界
制作視点での記事

空白の一日 
"Clues"

TNG シーズン 4
制作順No.40274-188
本国初放映1991年2月11日、第88話
Tethys III
脚本ブルース・D・アーサーズ
ジョー・メノスキー
監督レス・ランドウ
宇宙暦/西暦 44502.7/2367年

 エンタープライズは不安定なワームホールに突入し、クルーたちが意識を失う。データは、気絶していた時間はたったの数分だと言うが、実際には、丸一日が経っていたことが徐々にわかってくる。果たして、空白の一日に何があったのか、その究明にピカードたちは乗り出すのだが……。

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景編集

連続性編集

 このエピソードで、データがUSSトリエステにおいても勤務していたことがわかる。このUSSトリエステは、『盗まれたエンタープライズ』において初言及されている。

前エピソード
悪魔の契約
新スタートレック
シーズン 4
次エピソード
ファースト・コンタクト

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア