Fandom

Memory Alpha

Portal:技術/Featured

< Portal:技術

2,977このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Planet killer, remastered.jpg

惑星の殺し屋

 惑星の殺し屋は惑星全体を破壊できる自動化された最終兵器であった。それは、2267年に連邦宇宙艦USSコンステレーションUSSエンタープライズが遭遇した。起源は不明であったが、軌道予測から銀河系外から飛来したものであると考えられた。

 宇宙暦4202.1にマット・デッカー准将指揮下のUSSコンステレーションは、L-370星系の七つの惑星すべてが破壊されるという大規模な破壊現場に遭遇した。その後、宇宙暦4202.3にはL-374星系で崩壊寸前の第四惑星を発見た。その軌道上では惑星の殺し屋が反陽子ビームを惑星に向け発射して惑星を破壊するのを目撃した。惑星の殺し屋は破壊された惑星の破片を燃料として消費していた。

 USSコンステレーションが惑星の殺し屋に接近した際に、猛攻撃を受けディフレクター・シールドはすぐに使用不能となった。その上惑星の殺し屋は堅固なニュートロニウムで覆われておりコンステレーションの攻撃では歯が立たず、大損害を受けた。メイン・ブリッジは破壊され、フェイザー・バンクは空となり、ワープ・ドライブは損傷した。そして、通信障害によって宇宙艦隊との連絡も取れぬ状態のまますべての動力を失って漂流した。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia