Fandom

Memory Alpha

Portal:人物/Featured

< Portal:人物

2,973このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Elim Garak, 2374.jpg

エリム・ガラック

 エリム・ガラック宇宙ステーションディープ・スペース・9の住民で、カーデシア人仕立屋としてプロムナードガラックの店の店主でもあった。彼は元オブシディアン・オーダーの工作員であったが、彼の師であり父親であるエナブラン・テインにより国外追放処分を受け、テロック・ノールに追放された身でもある。

 工作員だった頃、ガラックはガルデュカットの父親であるプロカル最高裁判所判事の逮捕を行った。また、ロミュラスのカーデシア大使館に庭師として潜入し、いくつかのロミュラン高官の暗殺に携わったと噂されている。その後、ガラックは師であるテインを裏切ったため、テインによってカーデシアを追放された。

 テロック・ノールからカーデシアが撤退した後に、ベイジョーは連邦に援助を要請したためテロック・ノールは宇宙艦隊が駐留しディープ・スペース・9と改名された。ガラックは当初、カーデシア連合によって送り込まれたディープ・スペース・9の動向を探る工作員であることが疑われていたが、後に唯一のカーデシア人として彼の工作員としての経験や技能が重宝される様になっていった。ベイジョーテロリストであるターナ・ロスとその仲間が2370年に脱出を図った際にガラックはターナ・ロスの逮捕に協力した。また、ドミニオン戦争中には宇宙艦隊に協力し、カーデシア・プライムの戦いの後に彼の追放処分は解かれ、カーデシア・プライムに帰還した。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia