FANDOM


Wiki-unpadded  概要ポリシーとガイドライン → 禁止事項とアクセスブロック
Wiki-unpadded
このページでは、Memory Alphaのポリシーとガイドラインについて記載されています。

MemoryAlphaでの一般的な方針に慣れるためにも、以下の方針を読み通してください。また、質問や提案などについてはノートに投稿してください。

 Memory Alphaの参加者の大多数は善良なユーザーであり適切な規定に則った行動をしていますが、特定の行為に対してはサイトの健全な運営を保つために禁止事項を設ける必要があるかもしれません。

 特定の状況に応じて、管理者はユーザーがサイトへの投稿活動等を制限するという選択を行わざるを得ない場合が出てきます。しかし、その手段はあくまで最終手段であり、問題の解決のためのすべての試みが失敗した後に行われるべき事項です。

禁止事項の基本方針編集

 基本方針として、以下の行為は禁止事項として定められています。

  • 記事の破壊行為:記事に対する破壊行為を行うユーザーに対しては、まず最初に警告を与えるべきです。しかしながら、警告後も破壊行為が繰り返されるなら48時間のアクセスブロックを科す必要があるかもしれません。
  • 不適当なユーザー名を用いる:不適当なユーザー名に該当されるものは大きく二つです。
    1. 世俗上不快とされる名称(わいせつ用語や中傷用語等):これに該当するユーザー名を使用することは避けるべきです。
    2. 他のユーザーの名前を意図的に真似た名称:真似をしたユーザーへの侮辱にもあたるため、こういった行為は避けるべきです。
  • 個人攻撃: いかなる理由があろうとも、他のユーザーへの個人攻撃は避けるべきです。批判と個人攻撃は全く別物であり、個人攻撃を行った場合、48時間のアクセスブロックを科する必要があるかもしれません。
  • 荒し行為:一般に荒しと言われる編集行為を行うユーザーへは、警告を発するべきです。しかし、警告などの是正を促す手段が失敗したのであれば、当該のユーザーは管理者の裁量で一時的かもしくは無期限にアクセスブロックを科する必要があるかもしれません。
  • 既にアクセスブロックの措置が採られたユーザーが別のアカウントを作成して活動を行う場合は、管理者の裁量で一時的もしくは無期限のアクセスブロックを科する必要があるかもしれません。

 アクセスブロック措置はあくまで最後の切り札という認識を持ってください。この措置は罰則ではなく、有害なユーザーからサイトを保護し健全な運営を守るための最終手段であるべきです。

アクセスブロックの種類編集

 アクセスブロックはMediaWikiのソフトウェアシステムとして実装されています。管理者はIPアドレスブロックとアカウントユーザーのアクセスブロックを扱う権限を有しています。

 アクセスブロックを受けているユーザーはMemory Alphaの記事の閲覧を行うことは可能です。しかし、記事の編集や新規アカウントの作成はできません。アクセスブロックされたユーザーが編集を行おうとすると、アクセスブロックを受けている旨のメッセージが表示されます。

 アクセスブロックの範囲と効力は、アカウントに対してのアクセルブロックかIPアドレスに対するアクセスブロックによるものかの違いがあります。

  • IPアドレスブロック
    • IPアクセスブロックは基本的に24時間で自動的にブロックが解除される仕様です
    • 同じIPアドレスからのアカウント作成もブロックされます。アクセスブロックを回避して新しいアカウントを作成するのを避けるためです
  • ユーザアカウントブロック
    • 管理者がアクセスブロックを解除するまでの間アクセスブロックが継続されます
    • 同じIPアドレスを有するアカウントも自動的にアクセスブロックされます。アクセスブロックを回避して新しいアカウントを作成するのを避けるためです

予期しないアクセスブロック編集

 通常、インターネット利用者のIPアドレスはDHCPシステムを用いているために度々変更されます。したがって、本来であればアクセスブロックの対象外であるはずのユーザーの使用しているIPアドレスと、以前にアクセスブロックされたユーザーのIPアドレスと同一のIPアドレスが割り振られた場合には、何も身に覚えがないのにアクセスブロックされる可能性があります。

 それは、システム上どうしても避けられない事態であるため、万が一そういった事態が発生した際には管理者まで連絡してください。

アクセスブロックの解除編集

 アクセスブロックリストには、現在アクセスブロックされているユーザー及びIPアドレスの一覧が表示されています。アクセスブロックされたユーザーへのアクセスブロックの解除は管理者のみが行えます。

以下の事由はアクセスブロックを解除する理由として挙げられます
  • 手違いにより本来はアクセスブロックを受ける必要のないユーザー
  • アクセスブロックに至った理由が改善されたもしくは理由がなくなった
  • 当該のユーザーとの接触を行うため
  • あまりに長期間にわたるアクセスブロックであるため
  • その他適時(管理者の裁量に任せられています)

 本来であれば、いかなるユーザーもこのプロジェクトに参加することを拒否される理由はありません。しかしながら、Memory Alphaコミュニティーの健全な運営のため、害を及ぼすユーザーとの対話による解決などすべての方策が尽きた場合に行う最終的な措置であるという点を忘れないでください。

広域ブロック編集

 広域ブロックとは、IPアドレスのアドレスレンジに対して広域にアクセスブロックを行う機能です。この機能はIPアドレスを定期的に変更して攻撃を行う悪質なユーザーへの対処として実装されています。

関連項目編集

  • Special:Ipblocklist - 現在アクセスブロックされているすべてのユーザーの一覧
  • Special:Log/block - アクセスブロック及びアクセスブロックの解除の作業ログ
  • Special:Blockip - アクセスブロック及びブロックの解除を行うページ(管理者のみがアクセスできます)
  • MediaWiki:Blockedtext - アクセスブロックされたユーザーが編集作業を行おうとすると表示されるメッセージです