FANDOM


Wiki-unpadded  概要ポリシーとガイドライン → 保護方針
Wiki-unpadded
このページでは、Memory Alphaのポリシーとガイドラインについて記載されています。

MemoryAlphaでの一般的な方針に慣れるためにも、以下の方針を読み通してください。また、質問や提案などについてはノートに投稿してください。

 管理者にはページを保護する権限が与えられています。保護が行われると、それらを編集するもしくは移動の制限が行われます。この権限は、そのページの編集や移動が行われることがサイトにとって有害であると判断された際に実行される権限です。

指針編集

概要編集

  • 保護の期間とレベルを極力最小にするように努めてください。また、不必要な保護は実施しないで下さい。
  • 過去ログなどの記事の一部のみを保護することはしないでください。
  • 保護の理由は必ず明確にしてください。なお、理由については指針に基づいたものである必要があります。

ページの保護編集

 一般的に管理者は、過去の編集ログページを保護するべきではありません。管理者は単にこのプロジェクトのコミュニティの代表に過ぎないのであって、個人的な好き嫌いで物事を実施する立場にはない為です。

 WIKIは基本的にはすべてに開かれているべきものであり、ページの保護によって編集を制限するような事態は極力避けることに努めるべきです。また、保護するにしても、保護期間を長く持たせすぎることは、問題の解決に至らない場合もありますので慎重に検討してください。場合によっては全体保護よりも、特定ユーザーに対する保護であったり、非アカウントに対する保護を実施するほうがより得策である場合もあります。

 尚、ページの保護が必要となる事態は、以下の状況が挙げられるでしょう。

  • 編集合戦を止めるためにクールダウン期間を実施する。
  • 一部ユーザーによるしつこい破壊作業から記事を保護する。
  • wikiのシステム上のバグを検証する間、ページの変化を防ぐ。

 注意して欲しいのは、各ページの「ノート」は決して保護の対象としないで下さい。

恒久的な保護編集

 いくつかの例外として、恒久的な保護が認められているケースがあります。

  • メインページの保護・・・サイトの顔となるページを荒らしや間違いによる破壊から守る為に保護することは間違いとはされていません。
  • 著作権とライセンスページは保全の為に保護を行うことが妥当です。
  • システムに関わるページの保護は、故意や過失に問わずシステムの破壊を防ぐ為の措置としては妥当であるとされています。

保護されたページに対する編集行為編集

 保護されているページに対する編集行為は実施すべきではありません。唯一それが可能なのは管理者であり、管理者が保護されたページの編集を行うことにより、一般ユーザーと管理者の不均衡さが強調されてしまうだけです。しかしながら、保護に関するテンプレートを張ったりといった編集については、この限りではありません。また、恒久的な保護対象となっているページの編集活動は、管理者と管理者によって権限が与えられた人にのみ許可されるような制度に関してもこの限りではありません。

関連項目編集