FANDOM


Wiki-unpadded  概要ポリシーとガイドライン → ナンセンスとされる事例
Wiki-unpadded
このページでは、Memory Alphaのポリシーとガイドラインについて記載されています。

MemoryAlphaでの一般的な方針に慣れるためにも、以下の方針を読み通してください。また、質問や提案などについてはノートに投稿してください。

 Memory Alphaは基本的に自由な執筆活動が可能ですが、中にはナンセンスとされる事例もあります。そういった事例に当たるような執筆は行わないよう心がけるべきです。

 しかし、一見ナンセンスと見えるような執筆でも、Memory Alphaの方針としてそうは捉えないものもあります。以下に、ナンセンスとされる事例からは除外される項目を挙げます。

  • 記事を中途半端に書く:不完全な記事は、Memory Alphaの規格に合うように編集するために多くの作業が必要かもしれません。しかしながら、それはナンセンスな事例とは言えないでしょう。
  • スタブ指定を行うこと:自ら執筆した記事を中途半端にしたまま、スタブ指定することが一部の人にはナンセンスに見えるかもしれません。しかし、それはMemory Alphaでは何ら問題ではなく、むしろ奨励されます。

 逆に、ナンセンスとされる事例には以下の様なものがあります。

  • 全く無意味な文章を書くことは「荒らし」行為とみなされます。
  • 記事を書く際に、不正確であったり不十分であったりする記事を中途半端に書き殴るような投稿は「荒らし」とは言われませんが、一般的には好ましいとは思われません。
  • 誰かが侮辱的なメッセージをメンバーに書き込む場合があるかもしれません。そういった類の行為は一般的に「嫌がらせ」と捉えられます。
  • 記事の破壊行為は完全に「荒らし」として判断されます。これらは必要に応じてアクセスブロック等の処置が取られる可能性が高いです。
  • wikiの文体を全く無視した記載(特に内部リンクを全く含まない孤立した記事)などは、好ましいと思われません。
  • 未熟であったり稚拙な文章は好ましくないとされます。
  • 記事タイトルと内容が全く関係のない記事は削除や置き換えの対象となります。
  • スタートレックに対する批判や悪口、作品についてのユーザーレビュー的な考察などはナンセンスとされます。作品に対するレビューや考察は事典には必要のないものです。

※最低限、チュートリアル等でwikiの基礎的な技術を学んだ上での執筆活動への参加がマナーと考えられます。

対処法編集

 「荒らし」行為と思われる事象に遭遇したならば、あなたは「削除提案」を行うことができます。また、管理者であれば直ちに悪質なユーザーからの編集保護やアクセスブロック、削除などの処置を取ることができます。

 しかし、可能な限り手荒な手段を用いずに解決できる方法を探ってください。悪意のない過ちである場合は、容易に解決できるでしょう。