Fandom

Memory Alpha

IKSトーカート

3,008このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
IKSトーカート
IKS Toh'Kaht.jpg
クラス: ヴォルチャ級
所属: クリンゴン帝国
艦長: テルパー
状態: 破壊2369年現在)

 IKSトーカート(IKS Toh'Kaht)は24世紀中ごろにクリンゴン防衛軍によって運用されていたヴォルチャ級攻撃型巡洋艦である。

 2369年、IKSトーカートはガンマ宇宙域への航行中テルパー艦長の指揮下にあり、ホンティル副長医療士官キーボアが乗り組んでいた。IKSトーカートは2か月にわたってベイジョー・ワームホールのガンマ宇宙域側にクリンゴン初のコロニーを建設するための生物調査任務を行う予定であった。また、これには新たな異星人の武器テクノロジーを発見し帝国に持ち帰るという極秘の任務も含まれていた。

 ディープ・スペース・9を発って約3週間後、IKSトーカートはスケジュールよりも1か月早くワームホールを通って戻ってきた。事象の地平面を通りぬけた直後、船体が突如爆発し大破した。その後の調査により、艦内でクルー同士の闘争が勃発し、リアクター・コアに仕掛けられたサルメライト装置の爆発により破壊されたことがわかった。唯一の生存者であったホンティルはステーションに転送されてすぐに死亡した。

 さらなる調査で、サルタナ5号星エネルギードームの影響下に陥ったため、クルーは妄想に取りつかれてサルタナという種族が滅ぶに至った顛末を再現していたことが判明した。(DS9: 反逆のテレパス・エネルギー

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki