ウィキア

Memory Alpha

第二船体

2,686 件の記事が
このウィキにあります
トーク0
Constitution class refit engineeringhull

コンスティチューション級改第二船体

Galaxy class stardrive section, remastered

ギャラクシー級第二船体

 第二船体(secondary hull)、ないし推進部とは連邦宇宙艦の船体の主要な部分の一つであり、通常第一船体の後方に設置されている。

 第二船体は主にワープ・ドライブ機関室等の艦の航行に必要な設備が設置されており、もし万が一ワープ・ドライブや反物質抑制フィールド等に深刻なダメージがあった場合、船体分離をして第一船体にクルーを避難させ、安全区域まで退避することができる。

 第二船体にはシャトル格納庫貨物室拘留室等も設置されていることが多い。またメイン・ディフレクターは、通常第二船体前方に魚雷ランチャーと同様に設置されている。

 ギャラクシー級では、しばしば船体分離を行って第二船体で戦闘行動をとることがあった。(TNG: 未知への飛翔

 2367年ボーグに対抗するためUSSエンタープライズディフレクター盤を兵器として用いた際、放射線による危険があるためにクルーは第二船体の前半部全域から退避しなければならなかった。(TNG: 浮遊機械都市ボーグ・前編

 IKSトーカートの第二船体は、2369年ディープ・スペース・9近くで爆発しデュラニウム合金の破片が残存した。(DS9: 反逆のテレパス・エネルギー

 別の時間軸では、時間爆発(temporal explosion)によってUSSヴォイジャーの第二船体の破片が29世紀地球の軌道上で発見された。(VOY: 29世紀からの警告・前編

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア