Fandom

Memory Alpha

生物生存可能圏

3,008このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

 生物生存可能圏生命居住可能領域とも呼ばれ、英語ではエコスフィア(Echosphere)やハビタブルゾーン(HZ:Habitable Zone)と呼称される。ヒューマノイドなど生物の存在に適した温度(Mクラスの環境)の惑星が存在する、恒星からのある程度の距離の範囲を示す。

 太陽系なら0.97から1.39天文単位(AU)[1]程度であり、他の恒星で生物の存在に適した温度環境になる距離はd(AU){HZの中心の半径までの天文単位}=L(star){恒星のボロメトリック光度}/L(sun){太陽のボロメトリック光度}の平方根、恒星の光度の太陽光度倍=距離1/2AU程の関係になる。仮に、ある恒星の光度が太陽の25パーセントの光度なら約0.5AU、2倍の光度なら1.4AU程になる。

付録編集

注釈編集

  1. 1億4650万kmから2億0850万kmの距離

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki