Fandom

Memory Alpha

特異点

3,011このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

 特異点(singularity)とは、通常の物理モデルが適用出来ない空間の点あるいは領域を指す。特異点の周りには非常に強い重力が存在する。特異点には天然のものも人工のものも存在し、ワームホール惑星の量子マトリックス(quantum matrix)およびブラックホールはみな特異点を含み、ロミュランでは動力源として使用されている。

 特異点はgravimetric場の影響やテトリオン放射によって検知することが出来る。しかし前者は亜空間の深い階層に沈んでしまっている場合があり、その場合は検知出来ない。一般の特異点、また特に量子特異点の諸性質は24世紀の科学で知られていた。

Jean Luc Picard 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


 特異点のある使用法が2373年に実証された。ボーグ生命体8472、そしてUSSヴォイジャーは人工的に作られた量子特異点を通じて通常の空間と流動空間の間を行き来することが出来た。(VOY:生命体8472・前編後編

 もう一つは非常に珍しい使用法であるが、2378年にヴォイジャーはタキオンビームを特異点ではね返すことによってアルファ宇宙域デルタ宇宙域の間のリアルタイム通信を可能にした。(VOY:夢みるホログラム

タイプ編集

  • 人工量子特異点(Artificial quantum singularity)
  • ブラックホール
  • マイクロ特異点(Microscopic singularity)
  • (Type-4 quantum singularity)

関連項目編集

付録編集

その他の言及編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki