Fandom

Memory Alpha

殺された者の記憶(エピソード)

3,003このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
現実世界
制作視点での記事

殺された者の記憶
"Ex Post Facto"

VOY シーズン 1
制作順No.108
本国初放映1995年2月27日、第7話
300px
脚本エヴァン・カルロス・サマーズ
マイケル・ピラー
ストーリーエヴァン・カルロス・サマーズ
監督レヴァー・バートン
西暦 2371年

 キムと共に惑星ベニーンを訪れていたパリスに殺人の容疑が掛かる。ベニーンでは、被害者の記憶を加害者に移植して償わせる法律があり、パリスは、自分が犯していないはずの犯罪の記憶に苦しめられる。パリスの無実を証明しようとするトゥヴォックだったが、やがて、その事件には陰謀が潜んでいることが判明する。

Jean Luc Picard 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


前エピソード
ワームホールの崩壊
ヴォイジャー
シーズン 1
次エピソード
来世への旅

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia