Fandom

Memory Alpha

当直士官

2,976このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

 当直士官(Duty officer)とは、指揮官上級士官が不在時にその職務を代行する士官である。通常はこの職務を行う士官の階級は中尉以上とされるが例外もある。

 エンタープライズ(NX-01)第三副長であるマルコム・リード大尉が不在時に、トラヴィス・メイウェザー少尉が当直士官としてブリッジの指揮を執った。(ENT: 時を見つめる男

 2368年USSエンタープライズDが数個の量子フィラメントを射出したとき、モンロー中尉が当直士官であったが、コン・コンソールがショートした際に彼女が死亡したため、その時ブリッジ内で最も高い階級であったディアナ・トロイ少佐が未経験ながら指揮を執った。(TNG: エンタープライズ・パニック

Fandomでも見てみる

おまかせWikia