FANDOM


Krim (General).jpg

ベイジョー軍クリム将軍

 将軍(General)とは、比較的大きな軍隊の指揮官に与えられる官職および称号の一つ、また軍閥の指導者の地位でもある。称号としての将軍を将軍号ともいう。古来より東洋における軍隊の指揮官の役職名の一つであった。外交上または軍隊内の敬称としては閣下が用いられる。(ウィキペディア)  尚、階級制度として将軍という言葉は正確ではない。階級制度に厳密に当てはめるなら、将軍は陸軍大将という意味である。

歴史編集

語源編集

 将軍は中国において発祥した語であるが、その意味は文字通り、「軍を将いる」ことであり、軍勢を指揮する司令官の官名として使用されたのがはじまりである。その用例は古くは春秋時代にまで確認することができる。後に司馬に代わって軍隊の指揮官の名称として用いられるようになる。漢では将軍職は常設ではなく、臨時の官として任ぜられた。

近代以降の軍隊における将軍編集

将軍の階級章
US o-10 rank pin.png
合衆国軍
Ekos General.png
ナチス

 近代以降の軍隊では、陸軍・空軍・海兵隊の将官以上の階級としては、准将:Brigadier General・少将:Major General・中将:Lieutenant General・大将:Generalが存在する(英語表記はアメリカ軍の場合)。また将官の上に元帥(アメリカ陸軍の場合はGeneral of the Army)が存在する。ただし呼びかけや表記の際の呼称としては、准将から大将、元帥までひっくるめてGeneralが用いられる。この将官をひっくるめた呼称としてのGeneralの和訳語として「将軍」が用いられる。具体的には、XXXX なる氏(名)の将官を、XXXX将軍 等と表記する。たとえばダグラス・マッカーサーの階級は陸軍元帥(General of the Army)であり、日本語では「マッカーサー元帥」と呼称される事が多いが、英語の呼称では「General MacArthur」であり、これをそのまま訳した場合は「マッカーサー将軍」となる。(ただしこれはアメリカ軍の場合であり、元帥に関してはヨーロッパ各国ではMarshallの語を使っている国も多い。そういった国では大将から准将までをひっくるめた呼称が将軍であり、元帥は将軍とは別個の物として扱われる)。

 また日本では、英語で言えばgeneralに相当する他国の官位・位階・階級をも、将軍と呼ぶ。詳細は軍隊における階級呼称一覧を参考のこと。

 海軍における将官の呼称はAdmiralであり、これの和訳語は「提督」であるが、日本では海軍の場合も准将・少将・中将・大将と陸軍などと同じ階級を用いるため、海軍における将官の呼称としても「将軍」を用いる場合がある。例えば東郷平八郎は「東郷提督」と呼称すべきであるが、これを「東郷将軍」と記述している例が散見される。(ウィキペディア

地球における将軍の歴史編集

 地球の古代世界には将軍に相当する役職がしばしば登場している。紀元前3834年にメソポタミアの軍隊には数名の将軍の存在が語られている。

 中世において有名な将軍は中国の孫子である。また、ヨーロッパにおいても将軍は存在していた。また、18世紀になるとヨーロッパの軍はほとんどが将軍によって指揮された。

 20世紀以降、地球は数回の大きな戦争を経験した。その戦争においても将軍が軍隊を率いた。近代に至って、将軍と呼称される陸軍将官に細かいランクが制定された。

著名な将軍

その他の文明編集

 カーデシア軍において将軍に相当する階級は「レガート」とされている。また、ブリーン軍においては「ソット」が将軍に相当する階級である。

 将軍に相当する階級は他にもロミュラン軍クリンゴン軍ベイジョー軍でも用いられている。

将軍の一覧編集

Martok.jpg

マートク将軍

Velal.jpg

ヴェラル将軍

クリンゴン軍編集

ロミュラン軍編集

その外編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki