Fandom

Memory Alpha

圧搾テリオン・ビーム兵器

2,974このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク10 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Picard damaged by compressed teryon beam.jpg

圧搾テリオン・ビーム兵器による負傷。

似た名前の兵器については、圧搾テトリオン・ビーム兵器を参照。

 圧搾テリオン・ビーム兵器(Compressed teryon beam weapon)は指向性エネルギー兵器のタイプのひとつである。

 2369年、ジャン=リュック・ピカード大佐は会議が終わった直後にルナリア人に圧搾テリオン・ビームで攻撃を受け、人工心臓が破壊された。(TNG:運命の分かれ道

背景編集

 脚本には "compressed teryon beam"(圧搾テリオン・ビーム)と明記されており、ウォーフもそのように発音しているが、TNG第6シーズンDVDでの字幕では "compressed tetryon beam"(圧搾テトリオン・ビーム)とされている。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia