Fandom

Memory Alpha

反重力子

2,976このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

 反重力子(antigraviton)は素粒子重力子反物質トラクター・ビーム宇宙艦ディフレクターを介して生成される事がある。

概要編集

Antigraviton.jpg

反重力子ビームを用いる事で亜空間シンクホールを塞ぐ事が出来る

 2370年ジャン=リュック・ピカード大佐ドクタービバリー・クラッシャーケスプリット3号星に転送後に行方不明なった後にUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)のクルーは転送記録を調べ、エミッタ・コイルに反重力子の不自然な集合を発見し、それは転送ビームを別の座標へ偏向させるトラクター・ビームの役割に用いられた事を示唆していた。(TNG:混迷の惑星ケスプリット

 2371年USSヴォイジャー装甲グラップラーを打ち込んで来たヴィディア艦へ反撃する試みとしてチャコティ中佐はディフレクターから出る反重力子パルスを船体装甲に沿って放出させるように指示し、彼は慣性制動機を使ってピッチを制御するように命令した。この試みは成功しヴォイジャーはヴィディアンの攻撃から解放された。(VOY:帰ってきたケス

 2374年ダマールは反重力子を利用して宇宙艦隊ドミニオンの援軍がガンマ宇宙域から来るのを防ぐ為にベイジョー・ワームホールの出入り口に敷設した自己複製機雷原を破壊する方法を開発した。ダマールの計画ではディープ・スペース・9ディフレクター・フィールド・エミッターと反重力子エミッターに改造したディフレクター・アレイを使い、反重力子ビームで機雷を孤立させ自己複製を妨げた。ステーションのレジスタンス組織は計画を阻止しようと試みたが、ドミニオンは機雷原の破壊に成功した。(DS9:レジスタンスの苦悩DS9: ディープ・スペース9奪還作戦・前編DS9: ディープ・スペース9奪還作戦・後編

 2375年リノベーション・チーム・ノヴァのスーパーバイザーヨストは反重力子ビームを用いてデルタ宇宙域にある亜空間シンクホールを塞ごうとした。これによって亜空間ポケット内部のシンクホールに足止めされたヴォイジャーのクルーのトゥヴォック少佐トム・パリス少尉ドクターの救出計画を速める事になった。(VOY:ブラックホールと共に消えた恋

関連項目編集

付録編集

背景編集

  • 重力子は数学的構造の定式化はまだされていないが重力波は特殊な状況で検出される。物理学者は重力の周囲の平面/空間分布を考えると重力子は光子と同様にそれ自身が反粒子であると仮定している。

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia