Fandom

Memory Alpha

反重力そり

2,976このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Anti-grav sled, 2366.jpg

反重力そり

Anti-grav sled 2369.jpg

DS9で使用されていた反重力そり

 反重力そり(anti-grav sled)は手で持ち運ぶには重過ぎる物体を運ぶ際に用いられる装置で単に反重力ユニットと呼ばれる事もある。反重力そりと同様の技術を用いた物にホバークラフト反重力担架等が存在する。

 フロー・キャパシターは反重力そりの構成要素の1つである。レジナルド・バークレー中尉カウンセラーディアナ・トロイに決まりの悪い事件について話している間フロー・キャパシターを誤って「流動キャパシター」と言ったが、彼女は間違いに気付かなかったか、17歳のウェスリー・クラッシャーが先に訂正したために訂正したくなかった。(TNG: 倒錯のホログラム・デッキ

 反重力そりはディープ・スペース・9プロムナードで使用されていた。(DS9: 宇宙商人フェレンギ星人

 キャシディ・イエイツと彼女のクルーは彼女の貨物船に貨物を運ぶ為に時々反重力そりを用いていた。ベンジャミン・シスコは代わりに転送装置を使う事を提案したが、彼女の船のものはマークVで不安定な生体物質を運ぶのには能力不足だった。(DS9: クワークの母

Fandomでも見てみる

おまかせWikia