Fandom

Memory Alpha

分子転送装置

2,981このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

USS Enterprise hurled through space.jpg

分子転送されるUSSエンタープライズ。

 分子転送装置(molecular transporter)はカランダンが保有していた転送装置の一種である。この技術により宇宙艦を数秒で一千光年もの距離を移動させることが出来る。

 2268年USSエンタープライズ(NCC-1701)カランダンの前哨基地から990.7光年離れた位置へと転送された。しかしながら、転送装置ファクターM-7(transporter factor M-7)が位相.0009だけずれた状態で再構築されたため、物質・反物質反応炉の磁場に影響が出た。(TOS:無人惑星の謎

付録編集

日本語訳編集

 日本語吹き替え版では「分子分解転送」と言及された。

 「Transporter factor M-7」は日本語吹き替え版では「転送ファクター・エム・セブン」とされた。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia