Fandom

Memory Alpha

亜空間破損

3,000このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
複数の時間軸
(複数の異なる時間軸からの情報)
Subspace fracture graphic.jpg

過去に衝撃波が消えるのを示した、亜空間破損の図。

 亜空間破損(subspace fracture)は極性イオンの爆発の副産物として引き起こされる事がある現象で、タイムトラベルを可能にする。

Subspace fracture.jpg

ヴォイジャーのクルーが開いた亜空間破損。

 2371年USSヴォイジャーデルタ宇宙域で発見した惑星は居住者全員が極性イオンの爆発によって死亡していた。爆発の衝撃波の大部分は未来に消えたが一部の衝撃波は過去に消え亜空間破損が惑星の地表に出来る原因になった。調査を行ったキャスリン・ジェインウェイ大佐トム・パリス大尉は破損の1つに捕まり爆発の約1日前に移動してしまった。

 ヴォイジャーのクルーは2人を助けようと試みジェインウェイとパリスが帰れる亜空間破損を上手く広げられる装置を造り出した。クルーは惑星に戻り装置を起動して亜空間破損を開いた。ジェインウェイは過去においてそれを注意しながら観測し、破損が広がり大きくなったので極性イオン発電所のコンジットに触れる危険に晒され、ジェインウェイは最初の爆発を引き起こした原因が自身の救助を試みたヴォイジャーのクルーの行動にあると理解し、彼女はハンド・フェイザーを使って破損を閉じてそれによって爆発を防ぎ、最初にジェインウェイとパリスが過去に移動しない歴史に変えた。(VOY:24時間の過去

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia