Fandom

Memory Alpha

ワープ・エンジン

3,013このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

 この項では、主に、24世紀の代表的な宇宙艦であるギャラクシー級を例として、ワープ・エンジン(Warp Engine)の構造について述べる。ワープ航法の一般的説明については、ワープ・ドライブの項を参照のこと。

構成編集

 ギャラクシー級のワープ・エンジンは、大きく分けて以下の3つの主要なパーツから構成される。

 連邦の宇宙艦に搭載されるワープ・エンジンは、燃料として物質(正物質)と反物質を使用する。基本的な流れとしては、物質/反物質反応アセンブリ内部で両者を反応させ、その結果得られる膨大なプラズマ・エネルギーを、パワー・トランスファー・コンジットでワープ・ナセル内部へと導き、ワープ・コイルの中を前方から後方へと流すことで、船体を包み込むワープ・フィールドが発生し、艦は超光速での航行が可能となる。


物質/反物質反応アセンブリ編集

Galaxy class warp core.jpg

ギャラクシー級のワープ・コア

 燃料である正物質(デューテリウム=二重水素)と反物質(反デューテリウム=反二重水素)を反応させ、プラズマ・エネルギー(ワープ・プラズマ)を取り出すのが物質/反物質反応アセンブリの役割である。その構成パーツは、以下の通りである。

  • デューテリウム貯蔵タンク(Primary Deuterium Tank: PDT)
  • 正物質インジェクター(Matter Reactant Injector: MRI)
  • 反物質貯蔵タンク(Antimatter Storage Pod)
  • 反物質インジェクター(Antimatter Reactant Injector: ARI)
  • 磁気抑制セグメント(Magnetic Constriction Segments)
  • 反応チャンバー(Reaction Chamber)
    • ダイリチウム結晶(Dilithium Crystal)
    • ダイリチウム結晶支持フレーム(Dilithium Crystal Articulation Frame)
  • シータ・マトリクス生成装置(Theta Matrix Compositor)
  • 反物質ジェネレーター(Antimatter Generator)

デューテリウム貯蔵タンク編集

 13.8K(-259℃)に冷却されたデューテリウムを貯蔵するタンクで、損傷に備えて内部は分割されている。USSエンタープライズDの場合は、第27デッキから第29デッキにかけてのフロアを占めており、その最大容積は63,200立方メートルである。燃料をフル積載した場合、船は無補給で約3年間任務の遂行が可能である。デューテリウムの分子は、タンクの壁を通して一定の割合で漏洩するため、その分を考慮に入れた容量となっている。なお、インパルス・ドライブ用の核融合燃料も同じタンクのデューテリウムを使用する。

正物質インジェクター編集

 上部磁気抑制セグメントの上端に位置する円錐形のパーツで、貯蔵タンクから供給されたデューテリウムを反応チャンバーへ向けて噴射する役割を持つ。インジェクターの供給システムは6系統あり、各々、インレット・マニフォールド、燃料コンディショナー、プリ・バーナー、磁気冷却ブロック、トランスファー・ダクト/ガス・コンバイナー、ノズル・ヘッドで構成される。


反物質貯蔵タンク編集

反物質インジェクター編集

 正物質インジェクターの反対側、下部磁気抑制セグメントの下端に位置するパーツで、形状は正物質インジェクターとほぼ同じである。

Jean Luc Picard 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki