Fandom

Memory Alpha

ロレンズ星団

2,981このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

 ロレンズ星団(Lorenze Cluster)は空間領域の一つであり、惑星ミノスが含まれる。

 2364年ポール・ライス大佐艦長を務めるUSSドレイクは、ロレンズ星団を調査する任務に当たっていた。しかし、惑星ミノスを発見し、知的生命体が消滅している報告を最後に消息を絶った。

 宇宙暦41798.2、USSエンタープライズDが、消息を絶ったUSSドレイクを捜索するため、ロレンズ星団を訪れた。(TNG: 生き返った死の宇宙商人

 翌年、エンタープライズがオデット9号星の軌道を離れ、科学ステーション・タンゴ・シエラに向かう際、バー・ラウンジの窓の外を眺めていたウェスリー・クラッシャーが、ガイナンに話しかけられた時、イプシロン・インディアルナブ星と共にこの星団を見つけた。(TNG: 光から生まれた生命

Fandomでも見てみる

おまかせWikia