FANDOM


ベータ3号星
Beta III remastered.jpg
原住種族: ベータ3号星の種族
位置: C-111星系

 ベータ3号星(Beta III)はC-111星系にある有人の第3惑星。ワープ前文明のヒューマノイド種族であるベータ3号星の種族母星である。

 6000年前、哲学者であり指導者であったランドルーは全生命が絶滅するような戦争がベータ3号星で勃発する危機を憂慮した。これを解決するために彼は洗練されたコンピュータをつくり上げ、自らの名を付けた。ランドルーはベータ3号星の社会の構成員に吸収という手段を用いて惑星全体の人々の思考や感情を完全に統制した。こうしてランドルーは人々から嫌悪・恐怖・闘争心を取り除くことで戦争・疫病・犯罪の無い状態をもたらしたが、それは同時に文明の精華をも捨てることを意味していた。人々は幸福な眩惑のうちに人生を送るようになり、何の変化もない状態が6000年続くことになった。

 2167年USSアーコンがベータ3号星を訪れ、クルーはランドルーと遭遇した。その多くはベータ3号星の社会に吸収され、さらに多くの者たちは殺された。そして船自体も破壊された。

 その100年後、アーコン失踪の謎を探るためベータ3号星を調査したUSSエンタープライズは、同様にランドルーの脅威にさらされた。ジェイムズ・T・カーク大佐はランドルーに対し、社会を守るための仕組まれた行動規範がかえって社会を阻害していると投げかけたので、ランドルーは突きつけられた矛盾を解決できずに自らを破壊、これによりベータ3号星の市民は解放されて自治を行うことになった。エンタープライズは社会学者やそのほかの専門家を惑星に残し、「より人間らしいかたち」の社会に戻るための一助とした。(TOS: ベータ・スリーの独裁者

Jean Luc Picard 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki