Fandom

Memory Alpha

ベータ・アゴニ2号星

2,976このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ベータ・アゴニ2号星
Beta Agni II.jpg
クラス: Mクラス
位置: ベータ・アゴニ星系
セクター30
所属: 惑星連邦

 ベータ・アゴニ2号星(Beta Agni II)は惑星連邦加盟しているMクラス惑星で、連邦コロニーが存在する。コロニーが作られて以降、目立った地学的活動は記録されていない。2366年、ベータ・アゴニ2号星のの供給設備に突然トライシアネート汚染が起きた。汚染はUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)の届けたハイトライチウムによって除去された。後にこの事件はジバリア人貿易商のキヴァス・ファージョアンドロイドデータ少佐を捕らえる計画の一部である事が判明した。(TNG: 究極のコレクション

背景 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia