FANDOM


 ベータゼット[1](Betazed)とは、アルファ宇宙域ベータゼット星系に位置するMクラスの惑星である。(Star Trek: Star Charts

 気候は穏やかで自然豊かな美しい惑星である。惑星連邦加盟惑星で、エンパステレパス)能力を持つヒューマノイドベタゾイドの母星である。

位置 編集

 2367年ケイロン2号星へ向かうUSSエンタープライズDはベータゼットのすぐ近くを通ったため、ラクサナ・トロイはエンタープライズに乗艦できた。(TNG: 決別の儀式

 2371年、USSエンタープライズDの天体測定室星図にベータゼットの位置が図示されていた。(スタートレック:ジェネレーションズ ディスプレイ・グラフィック)

 ディープ・スペース・9はベータゼットからかなり遠くにあるが、ベータゼットへの輸送船が頻繁に発っていた。(DS9: 二人の女神

歴史 編集

 2256年以前、ハリー・マッドはベータゼットの銀行に押し入り強盗に及んだ。その際マッドはタイム・クリスタルを使って失敗を繰り返しても銀行のセキュリティ仕様を学習し、ついには強盗を成功させた。(DIS: 正気を狂気に変えるマジック

 2374年ドミニオン戦争でベータゼットはドミニオンに占領された。この時、次にはヴァルカンテラーアルファ・ケンタウリアンドアが危険にさらされると考えられた。(DS9: 消された偽造作戦

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


付録編集

言及編集

注釈編集

  1. しばしば日本語吹き替え版ではベタゾイド星と呼称されるが、正確にはベータゼッド(Betazed)がベタゾイドの母星名である。ここでは「ベータゼッ」の表記を採用している。アルファベットの「z」は日本語で「ゼット」と呼ばれることが多い。

背景編集

 『Star Trek: Star Charts』によると、ベータゼットはアルファ宇宙域に位置する。

Betazed

リマスター版以前のベータゼット