Fandom

Memory Alpha

ベル暴動

3,003このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク1 シェアする
Bell Riots.jpg

ベル暴動の始まり

 ベル暴動(Bell Riots)とは、2024年9月初旬、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコにかつて存在した保護区域にて発生した市民暴動である。犠牲者の多さから「史上最悪の暴動」と言われており、「ベル暴動」の名は、この暴動の中心にいたガブリエル・ベルという人物の名に因んでいる。

予兆編集

住民たちの不満 編集

 保護区域は、当初は失業した人々の生活と求職の援助をするために作られたのだが、度重なる失業者の増加と、求人情報の過疎化などによって、求職の援助が追い付かずに目的は有名無実と化した。そして、就職先がない人々は行き場を失って保護区域に留まるざるを得なくなり、住民の数は増えていくばかりだった。2020年代には正確な人数すらわからない保護区域もあった。

 サンフランシスコの保護区域Aでも、2024年8月末の時点で住民が1万人を越えていたとされているが、これもおおよその数字であり、正確な人数すら把握されていなかった。

 住民たちは当初、保護区域を「自分達の仕事先を見つける援助をしてくれる場所である」と希望を持っていたが、それも時間が経つ毎に薄れて行った。
 また、人数が膨れ上がるに連れて、食料の配給も全住民に行き渡らない状態も増え、次第に配給カードを強奪するために他者を襲うような集団も発生した(保護区域の管理者たちはこういった危険な住民を「ゴースト」と呼称していた)。

 そして、職場でのストレスや失業などによって精神に異常をきたした人々(ディム)が、精神病院の受け入れ先がないために保護区域に入れられる状況が常態化していた。

抗議デモの準備編集

 このような状況に、ついに住民たちは我慢の限界に達していった。
 そこで、住民の一人であったマイケル・ウェブ管理センター前での抗議デモを提案し、協力者を得ようと奔走した。後にその協力者の中には、ガブリエル・ベルと、彼に付き添う一人の若い医者も加わった。

 ウェブが提案した抗議デモは、前述のディム、ゴースト、そして、ギミー(求職の援助が必要とされている人々)の区別なく、また、家族も連れて、なるべく大勢が一丸となって、あくまでも平和的に行なう必要がある、と主張していた。

 しかし、ベルたちがおおよそ500人にその抗議デモの実施予定を伝えた時に、暴動が発生した。

暴動発生編集

人質事件の発生編集

 暴動の原因は、保護区域Aの管理センター前でディムと警備員が喧嘩を始めたことに端を発する。
 そこにB.C.という男が率いるゴーストの集団までもが加わったことで暴力沙汰に発展し、ゴーストたちは警備員たちから奪ったショットガンなどで武装し、管理センターに押し入って、職員と警備員の合計6人を人質にした。

ベルとウェブの介入編集

Bell takes over processing center.jpg

管理センターにやってきた"ガブリエル・ベル"

 しかし、そこに介入したのがガブリエル・ベルであった。ベルは、管理センターを占拠したゴーストたちのリーダーであるB.C.と対峙し、警備員が銃を発砲しようとしたのを抑え込み、職員の一人がパニックを起こした時、ベルと行動を共にしていた医者が落ち着かせた。

Bell Riots hostages.jpg

管理センター、カウンター前の人質たち

 ベルたちはその後もゴーストが人質たちに危害を加えるのを制止させた。人質たちを交渉の材料として生かし続け、人質だった警備員の一人が反抗的な態度を取っても、彼を殺さずに守った。交渉はその後の警官隊の突入によって無に喫するが、それでもベルは人質たちの人命を守り続けた。
 彼らはベンチなどで窓にバリケードを作り、警察スナイパーが自分たちを狙えないようにすることを提案し、その直後、抗議デモを行なうつもりであったウェブが合流。ゴーストたちを極力抑えるために、彼の友人であるギミーたちが管理センターの周りを守ることになった。

住民たちの訴え編集

 ウェブとベルがインターフェイスからネットにアクセスして保護区域の全廃と連邦雇用法の復活を要求しようとするが、接続が中断され、代わりに、サンフランシスコ警察プレストン刑事が彼らとの交渉に臨んだ。

 ウェブとベルはプレストンに対して、連邦雇用法の復活と、全保護区域の撤廃を求めた。プレストンは、カリフォルニア州知事に相談したものの、知事は、人質を全員解放すれば暴動を扇動した罪を軽くし、委員会の発足させる、という要求しか呑まなかった。

 ウェブとベルは肝心の連邦雇用法の復活や保護区域の全廃に関して全く触れていないことに納得せず、「知事にもっといい条件を持ってこいと伝えろ」とメッセージを残して、怒って帰ってしまった。

 一方で、ベルは保護区域外の知り合いに頼み、ブリナー・インフォメーション・システムクリス・ブリナー社長を説得し、保護区域からネットへのアクセスを可能にした。これによって、保護区域の住民たちは自分達の身元や、保護区域に来た経緯などを外部の人々に伝えた。

暴動の鎮圧編集

Bell Riots - SFPD.jpg

管理センターに突入した警官隊

 チェン知事はプレストンの反対を退けて、州軍と警察に対し、暴動の武力鎮圧の命令を下した。この時、知事と警察の元には「人質が全員殺された」という情報が届いていたためである。

 しかし、この命令が下されて州軍と警官隊が集結する中、同じ頃、管理センターの人質たちは生きていて、しかも、ベルや彼の友人と、野球サッカーテニスといったスポーツの話題で盛り上がり、異常事態ながらも、比較的明るい雰囲気であった。

 だが、州兵の動きをB.Cが伝えてくると、状況は一変し、緊張感が漂った。

 ベルは人質たちを管理センター奥の小部屋に避難させたが、すぐに警官隊が管理センターに突入してきた。警官隊は管理センターにいた数名を射殺。人質の一人が、突入してきた警官隊に自分たちの無事を伝えようと飛び出してきた時、警官がその人質に発砲するところをベルが身代わりになった。

 結果、人質は6人全員無事だったが、B.C.、ウェブ、そして、ベルを含む、大勢の人々が犠牲となった。

余波編集

Sanctuary district gate open.jpg

保護区域の開かれた正門

 この事件は、アメリカ合衆国、ひいては、全世界に衝撃を与えた。
 何故ならば、そもそもこの暴動を発生させた当事者たちは、反政府ゲリラのテロリストでもなければ、凶悪犯の集団でもなく、ただ失業しただけで保護区域に入れられた人々であり、彼らは保護区域の撤廃と、連邦雇用法の復活を求めていただけであった。
 その暴動の中心にいたマイケル・ウェブや、ガブリエル・ベルは、近所にいるような極々身近な普通の男性であり、更なる衝撃を与えたのは、ヘンリー・ガルシアや、ジュリー・ヘスを含む大勢の住民たちがネットを通じて保護区域の現状を訴えるメッセージを外部の人々に伝え、たちまちこの事実を数百万人が知った。
 そして、警官隊の突入でそのような人々が数百人も犠牲になったために、世論は住民たちの味方になった。

 政府はその後の数年から数十年を掛けて、各地にあった保護区域を徐々に撤廃していき、それまでの100年間で累積していた雇用・失業の問題に対して、本腰を入れて解決に取り組む様になって行った。

 やがて、ベルがこの暴動の中心人物となったことと、暴動という混乱の中、自らの命を犠牲にして人質全員の命を救ったことから、後世の教科書では「ベル暴動」として足跡が残されることになった。(DS9:2024年暴動の夜・前編DS9: 2024年暴動の夜・後編

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia