Fandom

Memory Alpha

ベイジョー8号星

3,003このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
ベイジョー8号星
Klingon Bird-of-Prey orbits Bajor VIII.jpg
クラス: Kクラス[1]
衛星: 2つ
位置: アルファ宇宙域ベイジョー星系
所属: 独立/惑星連邦

 ベイジョー8号星(Bajor VIII)は、ベイジョー星系に属する第8惑星であり、少なくとも2つの衛星が存在する。

 2369年までにこの惑星はベイジョー人たちによって開拓され、6つのコロニーが作られていた。それらのコロニーには、合わせて数千人が居住していた。

 2369年、ターナ・ロスはベイジョー8号星の衛星軌道上で、デュラス家ルーサベトールバード・オブ・プレイと取引を行なった。
 コー・マの一員であり、テロリストとしての容疑が掛かっているターナの狙いを探るため、キラ・ネリスUSSヤングジーキアンにターナと同行し、ベンジャミン・シスコマイルズ・オブライエンUSSガンジスで先回りしていた。
 ビリトリウムの取引を終えたところでガンジスがターナの逮捕に動いたが、ターナは反物質変換機によって爆薬と化していたビリトリウムで「ベイジョー8号星の住民を全員殺す」とキラを脅し、ヤングジーキアンの針路をベイジョー・ワームホールに向けさせた。(DS9: "スペース・テロリスト"ターナ・ロス

背景編集

注釈編集

  1. Star Trek: Star Charts』の42ページと46ページによると、ベイジョー8号星は「アンドロス(Andros)」という名で言及されており、Kクラスの惑星であるとされている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia