Fandom

Memory Alpha

ヘカラン

2,974このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ヘカラン
Serova.jpg
セロヴァ ヘカラン女性(2370年
Rabal.jpg
ラバル ヘカラン男性(2370年

 ヘカラン(Hekaran)もしくはヘカラス人ヘカラス・セクターに存在するヘカラス2号星母星に持つヒューマノイド種族である。24世紀半ばまでには惑星連邦加盟している。

 2360年代末、ヘカラス人科学者セロヴァラバルヘカラス2号星近郊に存在するヘカラス・ルートとして知られる空間ワープ・フィールドの効果が非常に影響され易い事を発見した。彼らは連邦評議会ワープ航行でヘカラス・ルートを通り抜ける事が原因で亜空間にダメージを与えると懸念を訴えた。彼らは更に評議会とヘカラス2号星の人々に惑星を殆ど隔離する事になってでもヘカラス・ルートでのワープ航行を避けるように説得を試みた。彼らの理論が退けられた時、2人は最初にヘカラス・ルートにヴァーテロン・パルス発生装置を設置し宇宙艦隊の注意を引いた。2370年、この方法が不満足な結果だった時セロヴァは自らの命を犠牲に彼女の宇宙船ワープ・コア亀裂を原因にして亜空間断層をにヘカラス・ルートに作り出しワープ航行を不可能にした。事件の結果科学者の理論は真剣に取り上げられた。不幸な事に断層の形成によって重力シフトが起きヘカラス2号星の気候が変わった。宇宙艦隊は短期的処置として気候修正ネットワークをヘカラス人に援助した。(TNG:危険なワープ・エネルギー

人物編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia