FANDOM


 プロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)はアルファ・ケンタウリC(Alpha Centauri C)やアルファ・プロキシマ(Alpha Proxima)としても知られる、ケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)の第2伴星。赤色のM5V型の赤色矮星恒星である。アルファ・ケンタウリAおよびアルファ・ケンタウリBのペアから約13,000AUの距離の軌道を周回している。

 プロキシマ(proxima)とはラテン語で最も近いという意味であり、プロキシマ・ケンタウリは24世紀前後数万年間は太陽系から最も近い恒星である。太陽からの距離は約4.22光年で、ベータ宇宙域惑星連邦の領域内に存在している。

 プロキシマ・ケンタウリの惑星にはプロキシマ・コロニーと呼ばれるコロニーが建設されている。(ENT: ボーダーランド[1]

 24世紀、プロキシマ・ケンタウリには宇宙艦隊プロキシマ修理施設が存在する。2371年にはドラズマン提督が指揮しており、ベンジャミン・シスコ中佐ドクタージュリアン・ベシアジャッジア・ダックス大尉はプロキシマ修理施設を訪れる予定だった。(DS9: 2024年暴動の夜・前編

 連邦宇宙艦USSプロキシマはプロキシマ・ケンタウリ星系に因んで名付けられた。(DS9: 敗れざる者・前編


付録編集

注釈編集

  1. アルファ・プロキシマ3号星はプロキシマ・コロニーとは別のコロニー、或いはプロキシマ・コロニーの別名である可能性がある。(TOS: 惑星アルギリスの殺人鬼

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki