Fandom

Memory Alpha

フリーダム級

3,003このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
フリーダム級
USS Firebrand.jpg
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
状態: 現役 (24世紀現在)

 フリーダム級(Freedom class)は惑星連邦宇宙艦隊24世紀に運用している宇宙艦である。

 艦型は基本的なコンポーネントの構成はヘルメス級と似ており、円盤部ドーサルネックで一基のエンジン・ナセルが直結している。エンジン・ナセルはギャラクシー級ネビュラ級と同様のデザインのものである。

同型艦 編集

付録 編集

登場回編集

背景 編集

The name for this class was devised by the production staff and was revealed by Okuda in the Star Trek Encyclopedia. Production photos of this class appeared in the special features section of the TNG Season 4 DVD.

スタジオモデル 編集

USS Princeton and Firebrand, production photo.jpg

Freedom-class studio model (bottom)

The scratch-built "kit-bash" studio model of the pre-damaged Freedom-class USS Firebrand was created at Gregory Jein, Inc. by Jein and his staff for the "graveyard" scene that the USSEnterprise-D traveled through following the Battle of Wolf 359. Jein used the molds he had of the Constellation級 and the two-foot Galaxy級 studio models to cast parts for the neck and nacelle, respectively. The other parts he built from scratch. The model was from the start constructed as being pre-damaged. Michael Okuda recalled, "Freedom: Upon reflection, I think this may have been something that Greg Jein came up with for one of the kitbashes he contributed to either BOBW or Unification. I'm not sure which model this was, and I'm not at all confident that Fact Files checked with anyone." [1] Apart from the Freedom-class, Jein also constructed the pre-damaged Niagara級 USSPrinceton for the episode, using his own production assets unlike Okuda, Sternbach, and Miarecki, who constructed their models from commercially available AMT/Ertl model kits (enhanced with miscellaneous other pieces and first built "intact" and "damaged" later).

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia