Fandom

Memory Alpha

ニビル

3,011このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
新時間軸
2233年分岐
MA 2009.png警告!
このページには最新のスタートレック作品に関する ネタバレ が含まれています。

ニビル
クラス: Mクラス
原住種族: ニビラン
Nibiru village.jpg

 ニビル(Nibiru)はMクラス惑星であり、白い肌のヒューマノイド種族ニビランが原始的な文明を築いている。赤い植物の森と海があり、大型の四足動物や魚に似た海洋生物が生息している。

火山編集

 2259年USSエンタープライズがニビルの調査に訪れた際、文明の存亡に関わる規模の火山噴火が起ころうとしていた。宇宙艦隊では最優先指令により他文明の歴史に干渉することが禁じられているが、艦長ジェイムズ・T・カーク大佐は火山から惑星を救うことを決断した。

 正体を隠すため変装したカークはニビランの居住地に入り、神聖な巻物を奪ってレナード・マッコイと共に逃げた。ニビランたちは二人を追って崖の近くまで集まって来たが、木の枝に巻物が置かれたのを見るとひざまづいた。カークとマッコイは崖から海に飛び込み、海中に隠してあったエンタープライズに戻った。その頃、スールーウフーラスポックシャトルクラフトで噴煙の中にいた。環境スーツを着たスポックは噴火終息のための装置を持ってシャトルから吊り下げられ火口の中に降りた。しかし灰の影響でシャトルが故障したためスールーたちはスポックを火口に残して海中のエンタープライズに戻った。

Nibiru volcano.jpg

ニビルの火山

 海中からではスポックを転送収容することが出来ず、カークはエンタープライズを海から上げることにした。エンタープライズの姿がニビランに目撃されれば更なる最優先指令の違反となるため、スポックは自分を犠牲にすることを主張し、装置を起動させた。マグマが凍結する中スポックは間一髪で転送され、火山噴火と共に人生を終息することを免れた。

 この事件で最優先指令に違反したことをカークは艦長日誌に書かなかったが、スポックは違った。違反がばれるとカークはエンタープライズの艦長職を解任された。(スター・トレック:イントゥ・ダークネス

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki