FANDOM


 ディアナ・トロイ(Deanna Troi)は、人間ベタゾイドハーフ宇宙艦隊士官である。彼女はジャン=リュック・ピカード大佐指揮下のUSSエンタープライズD及びUSSエンタープライズEで勤務し、その後2379年USSタイタンへと転属した。(新スタートレックスタートレック:ネメシス

 トロイは半分ベタゾイドの血を引いているため相手の感情を読むテレパシーを有していたが、その能力は通常のベタゾイドのものより劣っており、ブリーンフェレンギの様な一部の構造が違う種族の感情を読むことができなかった。しかし、母親のラクサナ・トロイや他のテレパシー能力を持つ人物とはテレパシーで意思の疎通を取ることができた。彼女のテレパシー能力はエンタープライズの任務において重宝され、敵対的な勢力と対峙する際には敵の嘘やハッタリを見破る上で貴重な情報を提供し、しばしば任務を成功へと導いた。(TNG: 未知への飛翔愛なき関係失われたテレパシーVOY:幻の帰還計画

幼年期とキャリア編集

 ディアナは2336年3月29日にベータゼットエルナー湖の近隣でベタゾイドの大使ラクサナ・トロイと人間の宇宙艦隊士官であるイアン・アンドリュー・トロイの間に誕生した。ディアナの上には2330年に誕生したケストラ・トロイという姉がいたが、ディアナがまだ幼い頃に溺死し死別している。ラクサナはこのことで深い悲しみに暮れ、自らの人生と記憶からケストラの存在すべての痕跡を消し去り、その思い出さえも消し去った。また、彼女は夫にもケストラについては一切触れないことを誓わせた。このためディアナは2370年まで自らの姉の存在を知らずにいた。(TNG: 謎めいた記憶喪失心のダーク・サイド

 ディアナはベタゾイドの習慣に従い、ディアナの両親の親友であったスティーブン・ミラービクトリア・ミラー夫妻の息子であるワイアット・ミラーという若い人間の青年の遺伝学的な許嫁とされた。そのため、ディアナは成人後にワイアットと結婚する予定であった。(TNG: 夢の人

 ディアナは幼い頃にはベータゼットで生活していたが、父から人間の文化をしばしば教わった。父が彼女に読み聞かせた物語の一つに地球西部開拓時代があり、彼女はその話を好んで聞いていた。(TNG: ホロデッキ・イン・ザ・ウエスト) また彼女は、母方の祖父からもベタゾイドの伝統について教わった。彼女の祖父は伝統に厳格であり、伝統に従い彼女にテレパシーで話をした。祖父は彼女にしばしばベタゾイド以外の人々を「分別のない外の世界の人々」と述べた。(TNG: 謎の幻覚テレパシー

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


USSエンタープライズでのキャリア編集

USSエンタープライズD編集

2364年~2365年編集

2366年~2367年編集

2368年~2369年編集

2370年~2371年編集

USSエンタープライズE編集

パスファインダー・プロジェクト編集

結婚編集

趣味と嗜好編集

チョコレート編集

ポーカー編集

音楽編集

人間関係編集

友情編集

ビバリー・クラッシャー編集

レジナルド・バークレー編集

ナターシャ・ヤー編集

家族編集

ラクサナ・トロイ編集

イアン・アンドリュー・トロイ編集

ケストラ・トロイ編集

ロマンス編集

ウィリアム・T・ライカー編集

ウォーフ編集

別の時間軸編集

ホログラム編集

その他の情報編集

クロノグラフィ編集

付録編集

注釈編集

登場回編集

背景編集

非正史編集

外部リンク編集