Fandom

Memory Alpha

ダイソンの天球

2,979このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

 ダイソンの天球(Dyson sphere)とは、恒星の周囲を球状の殻で囲んだ巨大な人工構造物のこと。球状構造物で完全に覆って恒星が放出するすべてのエネルギーを余すことなく吸収することにより、球内部に生息する生命体は無尽蔵とも言えるエネルギーを利用することができる。このような構造物の存在の可能性と理論を20世紀地球物理学者フリーマン・ダイソン1960年代に提唱していたため、この名がある。

 2369年USSエンタープライズDは、遭難していたUSSジェノーランをこの天球の外殻表面にて発見した。(TNG: エンタープライズの面影

Fandomでも見てみる

おまかせWikia