FANDOM


Stratos remastered

アーダナの首都ストラトス。

 ストラトス(Stratos)は惑星アーダナの穏やかな首都。ストラトスは天の川銀河に於いて、持続的な反重力浮上と壮大な反重力工学の最も良い例であった。

 ストラトスは14世紀に、全住民がそこに住むという指導者によって建設された。23世紀、ストラトスはアーダナの特権階級の家として残り、家臣として知られる一部の例外を除いて、トログライトと呼ばれる地表の全住民は立ち入り禁止となった。 それにも関わらず、ストラトスはその芸術文化を通して惑星連邦に知られていた。都市の極度の贅沢は惑星の唯一知られている資源であるジーナイトによってもたらされていた。

 ジェイムズ・T・カーク2269年以前に一度、ストラトスを訪れた事があった。しかし、この年にアーダナで多量のジーナイトを確保するという緊急任務で訪れるまで、都市を探索する機会は無かった。(TOS:惑星アーダナのジーナイト作戦

 ストラトスの景色はディープ・スペース・9プロムナードレプリマット等の幾つかのビュースクリーン上に、雲上都市かライサへの訪問を示唆する文章と共に描かれた。(DS9:二人の女神終わりなき始まり・前編終わりなき始まり・後編

背景編集

 ストラトスはマット・ジェフリーズによってデザインされた、彼はラフスケッチのみを描いた。都市は緑泡、白の接着剤、弓のこ刃、Xactoナイフで作成された。美術監督は、その後泡を微塵切りにして、それを一緒に接着し最終的な形にして、綿の底をラップして天井から吊るした。(TOS Season 2 DVD special features)

 ジョン・ドワイヤーによると、都市の廊下に現れた金属の工芸品は、金属製の家具やテーブル等だった。それは、"a guy up in Topanga Canyon,"から借りた物だった。(TOS Season 2 DVD special features)

 エクゼクティブ・プロデューサーのマニー・コトによると、もしスタートレック:エンタープライズの第5シーズンが製作されていたら、ストラトスを扱った"The Cloud Minders"の前日譚を作っただろうと何度か言及した。[X]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki