Fandom

Memory Alpha

シグマ・イオシア2号星

2,974このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

シグマ・イオシア2号星
Sigma Iotia II remastered.jpg
原住種族: イオシアン
Sigma Iotia II street.jpg

 シグマ・イオシア2号星(Sigma Iotia II)はイオシアン母星である。

 2168年地球宇宙艦ホライズンがこの惑星を訪れ、『1920年代のシカゴ・ギャング』という本を置き忘れた。この本の影響で、シグマ・イオシア2号星はシカゴのギャング社会そっくりになった。

 USSエンタープライズ2268年、行方不明のホライズンの航跡を辿ってシグマ・イオシア2号星を訪れ、文化汚染を発見した。(TOS:宇宙犯罪シンジケート

背景編集

日本語版編集

 日本語吹替え版ではシグマ・イオタ2号星とされている。本来の綴りは "Iota" でなはく "Iotia" であり、発音は「イオシア」に近い。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia