FANDOM


 クマリ級(Kumari class)[1]は、アンドリア帝国防衛軍22世紀中盤に主力艦として保有していた巡洋戦艦である。

経歴編集

 クマリ級の一番艦はシレック・シュラン司令官が指揮するクマリであった。クマリは2142年から2154年までシュラン司令により指揮されていた。
 2154年に、ロミュラン無人艦により領域の混乱が引き起こされたとき、ロミュランの攻撃により、同クラスの艦が数隻失われた。しかし、同年にロミュラン無人艦包囲網を敷くためのヴァルカンテラライトアンドリアンによる128隻から成る連合艦隊では、アンドリア部隊を構成した。(ENT:バベル1号星ENT: ロミュランの陰謀

同型艦編集

付録編集

注釈編集

    1. クマリ級は直接言及されていないが、クマリの司令官シュランによると、クマリは同クラスの戦艦の一番艦であったと述べているため、同クラスは事実上クマリ級とされる。