FANDOM


 クティンガ級(K't'inga class)巡洋戦艦は、クリンゴン防衛軍が保有する宇宙艦である。

概要編集

USS Enterprise-A escorting Kronos One

USSエンタープライズAに護衛されるクティンガ級のIKSクロノス・ワン

 2270年代クリンゴン防衛軍の主力戦艦として、それまで主力であったD7級巡洋戦艦の後継艦として就役した。当時のクリンゴン軍の最強の戦艦であり、2290年代においてもその地位を保持していた。
 2272年ヴィジャー事件の際に、連邦側のイプシロン9基地において三隻のクティンガ級が確認された。(劇場版スタートレック
 2285年時点で、宇宙艦隊アカデミーにおける訓練「コバヤシマル試験」において登場する敵艦がこのクティンガ級でもある。(スタートレック2:カーンの逆襲
 クティンガ級は24世紀においても一部が運用されており、第二次連邦・クリンゴン戦争ドミニオン戦争においても、前線や国境警備艦として運用されていた。(DS9:クリンゴンの暴挙DS9: 我らクリンゴンDS9: 明日なき撤退

USS Excelsior and Kang's cruiser faceoff

USSエクセルシオと対峙するクティンガ級

IKS Amar bridge dome

クティンガ級のブリッジドーム

技術情報編集

戦術情報編集

 クティンガ級は後のヴォルチャ級の登場までの間、クリンゴン軍において最強の戦艦であった。宇宙艦隊エクセルシオ級との一対一の対決においても十二分に対抗できる能力を持っていた。(VOY:伝説のミスター・カトー

船体の特徴編集

 クティンガ級のデザインは、22世紀の主力艦であったD5級巡洋戦艦の基本的なスタイルを踏襲しており、D7級巡洋戦艦を拡大増強したものとなっている。
 クティンガ級の艦首の部分にブリッジが位置しており、細長い船体が後部船体と接続されている。翼の様に広がった両脇にエンジン・ナセルが接続され、艦尾のモジュールに後方の武装とインパルス・エンジンが配置されている。

同型艦編集