FANDOM


Thalaron device.jpg

セレロン放射によるカスケード生体波

 カスケード生体波(cascading biogenic pulse)は、有機物を破壊する放射エネルギーを非常に効率的な爆発で伝えることができる方式である。

 2379年シンゾンと彼の協力者はロミュラン上院議会の暗殺のために致命的なセラロン放射をこの方法を用いて使用した。彼らの協力者であるタローラ上院議員によって議場内に設置された掌に収まるサイズの小さなジェネレーターから放出されたパルスは、議場内のすべての人物を死に至らしめるのに十分な威力を発揮した。

 シンゾンは、レムスウォーバードシミターに搭載した大型のセラロン・ジェネレーターを用いて地球上のすべての生命を死滅させることを計画したが、USSエンタープライズのクルーによって阻止された。(スタートレック:ネメシス

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki