Fandom

Memory Alpha

インターフォールド・レイヤー

2,978このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Interfold layer.jpg

インターフォールド・レイヤー内のシャトルコクレーン。

 インターフォールド・レイヤー(Interfold layer)とは不安定な空間領域で通常空間にも亜空間にも含まれずその二つが合流した中間の領域。レイヤーの内部ではセンサーは使えずプラズマ干渉が吹き荒れているため、通常空間とレイヤー間の亜空間通信は補正が必要である。

 2373年USSヴォイジャー(NCC-74656)デルタ宇宙域でレイヤーに初めて遭遇した。最初に送った探査機星の乱流に飲み込まれ行方不明になったがレイヤー内からデータが送られて来た。

 トム・パリスクラス2シャトルコクレーンバサード・コレクターで星の乱流からプラズマ粒子を集めようとしたが乱流が崩壊してレイヤーに引き込まれてしまった。インターフォールド・レイヤーは星の乱流の生まれる場所で数千の小さな乱流が存在した。パリスはシャトルを巨大な乱流が噴出する場所で乱流の端に乗って通常空間に戻った。(VOY: ドクターの家庭

Fandomでも見てみる

おまかせWikia