Fandom

Memory Alpha

アーダナン

3,011このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
アーダナン
Plasus.jpg
プラサス ストラトス市民のアーダナン男性
Vanna.jpg
ヴァンナ トログライトのアーダナン女性

 アーダナン(Ardanan)はアーダナを故郷に持つヒューマノイド種族23世紀後半までには惑星連邦加盟している。アーダナ人は非常に有名なストラトスと呼ばれる上空に浮遊する反重力都市を建設し、アーダナ星からジーナイトを輸出している。

 22世紀中頃、アーダナ人はアーダナ・シャトルを開発しレテリア人と貿易していた。アーダナ人のパワー・リレーは平均よりも多くのパワー量を流せるようには造られていなかった。(ENT:眠る女の謎

 2269年、アーダナ人の社会は2つのカーストに発展し、人生を純粋に芸術と文化に捧げていたストラトス市民と、地表に居住するトログライトに分かれていた。

 市民はストラトスから彼らのみ単独で存在する議会で惑星全体を支配しており、トログライトがストラトスの様に進んだ文化を持たない劣った種族だというストラトスで広く持たれた信念を基にトログライトの完全な抑圧を正当化していた。2269年時点でプラサスは評議会の高顧問の地位にいた。

 他方のトログライトは精神的に劣っていると考えられていた。その為、特にジーナイト鉱山等のストラトスを支えるのに必要な全ての肉体労働を行っていた。ストラトス市民とトログライトの両者は知らなかったが、この精神的な不利の本当の理由は未精練のジーナイトから放出するガスに対して防備せず露出していた結果で、更にこの影響は完全に取り除く事が出来た。

 トログライトは抑圧されていると感じてストラトスとの接触を求め、幾つかの場所では崩壊者として知られる抵抗組織が作られ、彼らはジーナイトの供給を差し止め人質を捕らえる事によってストラトス市民に圧力を掛けた為、主にストラトスで任務に着いていてガスへの露出から離れていたトログライトに衝撃が走った。2269年USSエンタープライズ(NCC-1701)がアーダナ星を訪れた時、彼らはエンタープライズのクルーに介入させる為に数ヶ月間活発に活動し、この状況が宇宙艦隊に露出して、トログライトの精神能力を完全に回復する事が出来るよう鉱業で呼吸マスクを使用する提案を認め、この提案は別としてアーダナ人の問題の解決を連邦産業局に任せた。(TOS:惑星アーダナのジーナイト作戦

人物編集

背景編集

 エンタープライズの介入後トログライトと市民の間の対立がどう発展したかは不明であるが、24世紀には連邦はベイジョーデジャーラと呼ばれるカースト制度を批難する立場だった。(DS9:預言者シスコ) ジェイムズ・T・カークの時はアーダナ人の社会の詳細を知り驚きと狼狽していた為、連邦はその時まで状況を完全には把握していなかったと思われる。

 プラサスはある所でトログライトを「劣った種族の集まり」と呼んでいるが、市民とトログライトは同一の種族で、彼の発言はストラトスで広く持たれている信念に起因すると思われる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki