FANDOM


名称: アルゴン
記号: Ar
元素番号: 18
原子量: 39.948

 アルゴン(Argon)は元素のひとつで周期表原子番号は18の希ガス(第18族)に属する。

 2151年、アルゴンが豊富な大気惑星からエンタープライズ(NX-01)に乗せた生命体スラッゴと名付けられた。船内の環境で生存できるように、スラッゴのそばにアルゴンランプが置かれた。(ENT: 死のファースト・コンタクト

 2267年シャトルガリレオタウラス2号星不時着した。そこでクルーは大気に酸素窒素の混成で微量のアルゴン、ネオンクリプトンが含まれていて、地球の大気とさほど異ならない呼吸可能な組成であることを発見した。(TOS: ゴリラの惑星

 同年、ガンマ・カナリスNの大気から酸素と窒素、微量のクリプトン、アルゴン、ネオンが検出された。(TOS: 華麗なる変身

 クラス11星雲アジュール星雲の主成分は酸素とアルゴンで、他にも微量の物質が含まれていた。(VOY: 伝説のミスター・カトー

 Hクラスの惑星や衛星の大気には多量のアルゴンが含まれている。(VOY: 生命体8472・後編) Lクラス惑星の大気にも比較的高濃度のアルゴンが含まれている。(VOY: ミッシング1937

 2371年管理者のアレイが破壊された時、水素、ヘリウム、水銀とアルゴンからなる蒸気が残された。(VOY: 果てしなき疑惑

 惑星アーメディーンには液体アルゴンの海があった。(VOY: 崩壊空間の恐怖

 2376年USSヴォイジャーが見つけたTクラス星雲は水素、ヘリウム、アルゴンから成っていた。(VOY: 幻の指揮官

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki