Fandom

Memory Alpha

アポロ

2,976このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Apollo.jpg

アポロ(2267年)

アポロ(2267年)
性別: 男性
種族: ポルックス4号星の種族
職業: 探検家
状態: 不明 2267年
父親: ゼウス
母親: レト
兄弟姉妹: アルテミスアテナ
俳優: マイケル・フォレスト
別の意味の「アポロ」については、アポロを参照

 ギリシャ神話において、アポロ(Apollo)はオリンポス神々の主要な一柱であった。ゼウス神とレトの息子で、予言・医療音楽や詩などの文芸・弓術・羊や牛を主とする牧畜の神とされた。また、文明の進展に伴って法律哲学・芸術を司る神とされた。ついには太陽の神と同一視され、空を戦闘用馬車に乗って駆ける様が太陽の移動になぞらえられた。双生児の妹に狩りの女神アルテミスがおり、アテナも彼の姉妹だった。

 アポロのイメージは数千年にわたって芸術作品に用いられた。その一つにアポロ17号のミッション記章があり、アポロの彫像の横顔が左側にデザインされている。[1]また、アポロ13号のミッション記章にはにやってきたアポロの馬車をひくがデザインの中心になっていた。(ENT: 運命の飛行

 2267年USSエンタープライズポルックス4号星でアポロと遭遇した。ここで、ギリシャの神々が実は5千年前に地球を訪れた探検家の一団であり、その時代の人々に対して神として振る舞っていたことが明らかとなった。アポロがキャロリン・パロマスに語ったところによると、彼らは実際に自分たちが神であると思い込むようになったが、古代ギリシャ人が理想として信仰していた神とは異なるということを彼らも明らかにわかっていたという。(TOS: 神との対決

Jean Luc Picard 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


付録 編集

注釈 編集

  1. アポロ17号の記章に用いられているのは、バチカン美術館に所蔵されているベルヴェデーレのアポロン像である。

外部リンク 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia